トップ > 双葉郡について > 福島県双葉郡について

福島県双葉郡について

双葉郡は、浪江町、葛尾村、双葉町、大熊町、富岡町、川内村、楢葉町、広野町の6町2村から成る、福島県浜通りにある地域です。長年相馬藩が治めた「標葉(しねは)郡」と磐城平藩の治めた「楢葉(ならは)郡」が明治半頃に合併し、二つの葉から成る地域として「双葉郡」と名付けられました。

太平洋に面した温暖な気候に恵まれ農業や漁業を生業とする一方、戦前は常磐炭田の北端として、戦後は東京電力の発電所が複数立地する電源地帯として、エネルギーの供給地でもありました。

双葉郡地図

2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故の影響で、一時は郡内の全町村がまちごと避難しました。多くの住民は県内外各地での避難生活を送り、子供たちは一時就学を中断したり避難先が変わるごとに転校したりするなど、生活・学習環境の変化を経験しました。

2016年1月現在、広野町、川内村、楢葉町は帰町・帰村した先で、その他の町村はそれぞれ県内各地に行政拠点を設けています。

 

参考

■ ふくしま復興ステーション復興情報ポータルサイト「避難区域の状況・被災者支援」 

■ 双葉広域市町村圏組合「ふたば広域ライブカメラ」

 

「震災後の双葉郡の学校」

ページトップへ