トップ > 2016年 > 1月

2016 1月

【お知らせ】双葉郡の友達と一緒に学ぼう!双葉郡学習支援拠点のご案内

 双葉郡各町村は、8町村の子供たちの学びと家庭学習のサポートのため、福島県内各地で放課後学習会を行う学習支援拠点を開設しています。

 いずれの拠点も主催町村の児童・生徒に限らず、区域外就学生を含む8町村の子供たちの参加を受け入れています。見学や体験も可能ですので、各問い合わせ先へご連絡ください。

12540286_979632762096221_1001677658_n

【レポート】先生たちも頑張っています!”教職員による”双葉郡子供未来会議

 1月13日、双葉郡の先生たちによる、双葉郡の子供たちのための教育を考える未来会議を行いました。

冒頭は講演として、認定NPO法人Teach For Japan代表理事の松田悠介氏にお話をいただきました。

IMG_2176

Teach For はアメリカで生まれた団体で、優秀な学生や若手社会人をトレーニングして2年間、教育困難校に派遣する活動を行っています。若者に成長の機会を与えるとともに、学校と子供たちの学力向上、ひいては教育格差の解決につながるとりくみとして注目を集めています。

 続いては「ふるさと創造学の豊かな可能性~探究のプロセスで子供の学びが変わる~」と題して意見交換会を行いました。

DSCF1646 IMG_2179

 

 

 

 

 

 

 

 「ふるさと創造学」は、双葉郡の各校が一貫した価値観のもと共通のねらいを持って取り組む、地域を素材にした探究的な学習です。富岡町の石井賢一教育長からその背景とねらいを説明いただいた後、大熊町の大野・熊町小学校と、浪江町の浪江中学校の先生から事例紹介をいただきました。

 IMG_2192IMG_2188

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2187 IMG_2180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は、 校種・役職混合でグループに分かれてディスカッション。「双葉郡の子どもたちが、自ら明日を創造できるようになるために、どのような学びの支援をしますか」をテーマに、自由に意見・情報交換を行いました。

 「子供たちのどんな力を伸ばすべき?」「どんな指導方法が有効?」「いまの環境を生かすには?」「地域をつなげていくには?」と、各テーブルの話題はさまざま。熱心な議論が繰り広げられました。

ページトップへ